自由英作文で必ず8割を取る方法

久々に受験関連について書きたいと思います。

今回扱うテーマは”自由”英作文で絶対に8割を取る方法です。

受験英語において、英作文の攻略は必須です。配点は東大なら4分の1だし、京大なら3分の1もあります。今回は、自由英作文なので、主に東大メインの話になりますが、京大も自由英作文でてる年もあったりして、割と自由英作がどこの大学でも出される流れになっているので、ぜひ見てください。

自由英作文の採点方式と対策

自由英作は書くべき内容が正しくないとそもそも0点です。

でも書くべき内容は小学校の国語のレベルでわかるので大丈夫だと思います

この画像をみてください。

この画像をみて思ったことを書けって言われたらなんて書きますか?

男の人が花瓶を割った。壊した。

だから

女の人が怒っている。

それをみて男の人は申し訳なく思っている。

これが書くべき内容です。

ちょっと賢いゴリラとかでも出来そう

 

この3文を英語にミスなく正しく直すだけで満点です。15点ゲット

書くべき内容があっていた場合、英語表現の誤りがあると1個につつ、2点ぐらい減点されていきます。

よって自由英作は自分の知っている単語やイディオムだけを使いミスがなかったら、満点です!!これが大原則です。これが出来ない人は英作文で高得点をとることは出来ません。

自由英作は日本語で書く内容を考えて、正しい英語にするってだけで大丈夫です。

よって減点を防ぐために、自由英作文対策としてやることは

自分の使える表現を増やす

三単現のsの抜けとかのミスを絶対にしないようにする

の2点です。

普段から自由英作文の対策として、この2点を意識して勉強するようにしたらいいと思います。

つまり、自分の使える単語は、最低限増やす。日本語で書く内容がわかったら、それを英語にするくらいの英作文能力は欲しい。それか、日本語で書く内容を英語で書けそうな内容に変える。でも、画像の問題の場合、花瓶=baseは知ってないと、どうあがいても内容を変えることはできず、苦しくなっちゃうので、ある程度の単語力、イディオム力が必要です。

また、あやふやな表現を使って間違えたら、2点くらい引かれるから、絶対ミスんないようにする。

 

この2点をカバーする参考書がこれです

僕本当にこの2冊しか自由英作文対策でやっていないんですけど、浪人時代に秋の東大オープン、東大実戦では、英作文は9割近くあったし、本番の英語もかなり出来たので、めちゃめちゃこの教材には救われました。

内容はこんな感じです。

こんな感じのクソ簡単な英文なんですけど、案外英語に直すとtheとか抜けたりするんですよね。超簡単な英作ですら間違ってしまう。簡単な日本語の英作文を作ることを、何回も何回もして、反射的に言えるくらいまでしないと、英作文のミスは減りません。また、イディオムも要所要所で使われているので、この参考書で反射的に短い英作を作ることができるようになって行く内に覚えることができます。

僕が受験勉強して行くときに思ったことは、英作文の参考書は基本的に難易度が高いものが多すぎると思います。現役の時は違う参考書つかってたんですけど、実際にこんなイディオムとか本番じゃ絶対使えないって思うことが多々ありました。で、実際使えずに落ちました。

ぶっちゃけ僕が東大受験で紹介したい教材はこれと、掌握と難系と新演習の4つくらいなんで、割とまじでこれはお勧めです。

アマゾンぶっちゃけ高いんで、メルカリとかで中古で買ってくださいw

俺は本屋で買いました。すぐ手に入るしね!おっきい本屋なら基本的にあると思います。

ぜひこれで英作文頑張ってください。なんども言うけどとにかくミスしないようにすれば、自由英作文は高得点取れます!

 

よければ押してください!

東大生ブログランキング